投稿日:2024年1月6日

防水工事を怠ると起こる現象とメンテナンスのタイミングは?

こんにちは!
愛知県名古屋市名東区を拠点に、屋上防水などの防水工事を手掛ける株式会社SKBです。
建物の防水工事は新築時の1回目だけではなく、劣化の状態や耐久年数によって定期的にメンテナンスが必要となります。
今回は、防水工事を怠った時に起こる現象と、メンテナンスのタイミングについて解説します。

防水工事のメンテナンスを怠るとどうなるか

屋上の写真
建物の外壁や屋上は、雨風や外気に長年晒されることで劣化し、ひび割れや色褪せなどが起こります。
劣化の初期段階で防水工事を依頼するのが望ましいのですが、放置して防水工事を怠ってしまうと劣化した部分が悪化して雨漏りや建物の腐食などが起こり、建物全体の寿命が縮む原因となってしまうのです。
また、悪化した段階で防水工事を行った場合、工事費用もさらにかさんでしまうため負担が大きくなります。
建物にひび割れなどの異変を発見した際は、早めのメンテナンスを依頼するのが最適です。

タイミング1:外壁や屋上の劣化

外壁や屋上に以下のような劣化が見られる場合は、防水工事をするタイミングと言えます。
・ひび割れ
・色褪せ
・表面の剥がれ
・水たまり
・雑草が生える
・雨漏り
はじめはひび割れや色褪せなど、表面に劣化が発生します。
放置すると徐々に被害が大きくなり、雨漏りなど大規模な修繕が必要になる原因に繋がってしまいます。
このような劣化の兆候が見られる場合は、早めのメンテナンスを心掛けましょう。

タイミング2:防水工事の耐久年数

防水工事にはさまざまな工法があり、耐久年数によってメンテナンスを受けるタイミングは異なります。
それぞれの耐久年数は以下の通りです。
・ウレタン塗膜防水:8~12年
・FRP防水:10~15年
・ゴムシート防水:10~15年
・塩ビシート防水:10~20年
・アスファルトルーフィング:15~25年
長ければ耐久年数が25年という工法もありますが、建物の経年劣化もふまえると、施工から10年おきのメンテナンスの実施をおすすめします。
そのほか、耐久年数まで余裕があっても前述のような劣化の兆候が見られる場合は、悪化を防ぐために早めのメンテナンスを受けるようにしましょう。

外壁・屋上の防水工事は弊社にお任せ!

電卓と見積書の写真
外壁、屋上の防水工事業者をお探しではありませんか?
株式会社SKBではウレタン塗膜防水やアスファルトルーフィングなど、各種防水工事を承っております。
一級防水施工技能士の資格を持つ熟練のスタッフが、お客様のご要望に沿った丁寧な施工を行います。
愛知県名古屋市をはじめ東海3県で防水工事をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

【求人】防水工事のプロになってみませんか?

株式会社SKBでは、現在新たな防水工事のスタッフを募集中です。
普通自動車免許の資格があれば、経験の有無は問いません。
代表自らが指導を行い、仕事を一つ一つ丁寧に教えていきます。
また、即戦力となる経験者には給与面での優遇も可能です。
「防水工事に興味がある」「職人になってみたい」など、防水工事に関わってみたい方からのご応募を心よりお待ちしております。
最後までお読みいただきありがとうございました。





採用情報

防水工事・ウレタン防水なら愛知県名古屋市名東区の株式会社SKBへ|求人
株式会社SKB
〒465-0002 愛知県名古屋市名東区引山3-223 パールアベニュー
TEL/FAX:052-737-2830 代表直通:080-2611-5368
※営業・セールス目的の問い合わせはご遠慮願います。


関連記事

株式会社SKBの特徴って?

株式会社SKBの特徴って?

愛知県名古屋市名東区を拠点とする株式会社SKBは、名古屋市を中心に東海3県において、防水工事のニーズ …

【防水工の求人】次世代を担う人材を求めています!

【防水工の求人】次世代を担う人材を求めて…

愛知県名古屋市の『末吉防水』では、防水工事に携わってくださる職人を求人募集しています。 職人募集 弊 …

【求人】仕事にやりがいを求めるなら末吉防水で決まり!

【求人】仕事にやりがいを求めるなら末吉防…

「やりがいをもって働ける会社に就職したい!」 このようにお考えの方、必見です! 末吉防水では、ウレタ …

お問い合わせ  採用情報